プログラミングスクール「Code Village」のアフィリエイトでおススメのASPは?

最近は、子どもたちの間でもプログラミングが大人気。習い事としてプログラミング教室に通う子供が増えています。

一方、大人たちの間では、将来性があり多様な働き方にも対応可能なIT業界は、就職・転職先として注目を浴びています。

ただ、IT業界で働くためには、しっかりとしたスキルが必要です。

では、大人がプログラミングを学ぶにはどうしたらよいのでしょうか?仕事をしながら挫折せずにしっかりスキルを身につけるのにおすすめなのが、「Code Village」です。

「Code Village」は数多くのASPで取り扱われていると思いますが、その中でもおススメなのはどこか調査しました。

 

プログラミング教室「Code Village」の紹介

Code Villageは未経験からエンジニアを目指すプログラミングスクールです。

未経験者に向けた独自の教育体制が特徴で、未経験から4ヶ月でスキルを習得することができます。

また、マークアップとJavaScriptという言語に絞って授業を行っているので、集中してプログラミングを学習すること可能です。

さらに、仕事をしながら学習したい人、地方在住で近くにスクールがない人は、完全オンラインスクールを選ぶことができますし、通学する場合も、1クラス8~10名の少人数なので、レッスン中でも講師に質問できます。

プログラミング学習では、モチベーションの維持が重要ですが、Code Vintageでは、モチベーションを維持しやすいように、目標設定、メンター制度、日報提出など様々な制度を設けているのも特徴です。

 

 

Code VillageでおススメのASP

Code VillageでおすすめのAPSは、「もしもアフィリエイト」です。

「もしもアフィリエイト」の報酬額は、無料カウンセリングの申込みで10,000円です。

さらに、もしもアフィリエイトをおすすめする理由がもうひとつ、「W報酬」です。

W報酬とは、広告主からもらえる通常報酬に加えて、「もしもアフィリエイト」からもボーナス報酬を提供する仕組みのことです。

通常報酬がある人全員に、「もしもアフィリエイト」から12%のボーナス報酬が提供されるので、かなりお得です。

 

 

アフィリエイトをするなら実際にCode Villageを使ってみましょう

プログラミングスクールのアフィリエイトをするなら、やはりスクールを経験してみた方が、より具体的な記事が書けて集客もしやすくなります。

カリキュラムの内容や進め方、オンライン授業の充実度、講師のスキルなど、実際に受講してみないと分からない情報こそ、読む人が求めているものです。

Code Villageを使ってみることで、あなた自身もプログラミングスキルを身につけることができ、さらにアフィリエイトで報酬ゲット!

申し込みのための出費はありますが、長い目でみたら損はないと思いますよ。

 

>> Code Villageを使ってみる