プログラミングスクール「コードキャンプゲート」のアフィリエイトでおススメのASPは?

プログラミングに興味があっても、どうやって勉強したらいいのか?就職や転職のためのスキルを身につけるにはどうしたらいいのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。

システムエンジニアになって、IT業界で仕事をするには、やはりしっかりとしたスキルが必要です。

そんなスキルを身につけるのにおすすめなのが、実践学習ができる「コードキャンプゲート」です。

「コードキャンプゲート」は多くのASPで取り扱われていると思いますが、その中でもおススメなのはどこか調査しました。

 

プログラミングスクール「コードキャンプゲート」の紹介

コードキャンプゲートは、20代でエンジニアに転職したい人向けのプログラミングスクールです。

カリキュラムは、Webサービスを開発するための基礎スキル(HTML/CSS、JavaScript、PHP/MySQL)から、実務で必要なGitやDocker、セキュリティに関する知識まで、網羅的に学ぶことができる内容になっています。

講師やメンターは第一線で働く現役のエンジニアで、基礎スキルの習得後には、専属のエンジニアメンターとチーム開発を実践。実務に近い経験を積み、即戦力をつけることができます。

また、現役エンジニアメンターと専属キャリアアドバイザーによる転職支援もあるので、スキル習得後のキャリアアップも可能。

受講生の中には、未経験から受講後は6社の内定を受けた人、公務員からデータサイエンティストになった人もいます。

ただ、入学対象年齢が20代と制限されているので注意しましょう。

 

コードキャンプゲートでおススメのASP

コードキャンプゲートでおすすめのAPSは、「もしもアフィリエイト」です。

「もしもアフィリエイト」の報酬額は、無料オン欄受講相談予約で7,000円です。

それに加え、もしもアフィリエイトには「W報酬」のシステムがあります。

W報酬とは、広告主からもらえる通常報酬に加えて、「もしもアフィリエイト」からもボーナス報酬を提供する仕組みのことです。

ボーナス報酬は12%。通常報酬がある人全員に提供される、とてもお得なシステムです。

 

 

アフィリエイトをするなら実際にコードキャンプゲートを使ってみましょう

アフィリエイトで多くの報酬を得るためには、魅力的な記事を書く必要があります。

プログラミングスクールの場合は、より具体的な記事であることがポイントになるでしょう。

具体的な情報を得るには、スクールを体験してみることが一番有効な方法です。

実際のカリキュラムの内容、受講してみた感想、講師のスキルや印象など、自分で経験した内容を記事に書いていきましょう。

ただ、入会は20代のみ、費用もかかるので、体験するのが難しい場合は、受講相談でできるだけ多くの情報を集めるとよいでしょう。

 

>> コードキャンプゲートを使ってみる