プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」のアフィリエイトでおススメのASPは?

プログラミングやエンジニアの仕事に興味はあっても、難しそう、どうやって勉強したらよいか分からない、途中で挫折するかも、と勉強することを躊躇している人も少なからずいるのではないでしょうか。

でも、本気でエンジニアを目指す人には、しっかりとしたサポートがあるプログラミングスクールがあります。

その中でオススメなのが、「DIVE INTO CODE」です。

「DIVE INTO CODE」は多くのASPで取り扱われていると思いますが、その中でもおススメなのはどこか調査しました。

 

プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」の紹介

DIVE INTO CODEは、本気の人のためのエンジニアスクールです。

Web・機械学習のエンジニアコースの他、短期間で特定の技術を身につけるPython道場などもあります。

Webエンジニアコースは、最短期間で確実にプロのスタートラインに立てる人材の育成を目的としていて、通学コースの他、オンラインでの受講も可能です。

一方、機械学習エンジニアコースは、4ヶ月で自立自走できる機械学習エンジニアになることを目的とし、ただ知識を学ぶのではなく、実務から逆算した本当に必要なスキルを学びます。

機械学習エンジニアコースは、通学学習のみですが、フルタイム・パートタイムと、ご自分の環境に合わせた学習方法を選ぶことができます。

また、機械学習エンジニアコース、Webエンジニアコース(フルタイム)は、「専門実践教育訓練指定講座」に指定され、「専門実践教育訓練給付金」および 「教育訓練支援給付金」の対象講座にも指定されているので、それぞれ最大56万円、45万円のキャッシュバックが受けられます。

 

DIVE INTO CODEでおススメのASP

DIVE INTO CODEでおすすめのAPSは、「もしもアフィリエイト」です。

「もしもアフィリエイト」の報酬額は、以下のとおりです。

  • 無料説明会の参加申込: 2,462円
  • 体験セミナーの参加申込: 769円
  • 入校申込: 9,847円

さらに、もしもアフィリエイトには「W報酬」があります。

W報酬とは、広告主からもらえる通常報酬に加えて、「もしもアフィリエイト」からもボーナス報酬を提供する仕組みのことです。

通常報酬がある人全員に、「もしもアフィリエイト」から12%のボーナス報酬が提供されるので、かなりお得です。

 

 

アフィリエイトをするなら実際にDIVE INTO CODEを使ってみましょう

プログラミングスクールのアフィリエイトをするなら、やはりスクールを経験してみることをおすすめします。

実際に講習を受けることで、より具体的な記事が書けて集客もしやすくなるからです。

ただ、費用がかかるので、入会が難しい場合は、無料体験クラスに入って、できる限り情報を集めその体験を書くようにしましょう、

 

>>DIVE INTO CODEを使ってみる