プログラミングスクール「Tech Academy」のアフィリエイトでおススメのASPは?

ここ数年、子どもたちの間ではプログラミングが大人気。プログラミング教室も数多く開校しています。

また、2020年度からは小学校でプログラミング教育が必修となり、中学校では2021年度、高等学校では2022年度から実施される予定で、学校教育の中でもプログラミングを学べる環境が整いつつあります。

では、大人がプログラミングを学ぶにはどうしたらよいのでしょうか?

仕事をしながらエンジニアとしてのスキルを身につけるのにおすすめなのが、オンラインプログラミングスクールの「Tech Academy」です。

「Tech Academy」は数多くのASPで取り扱われていると思いますが、その中でもおススメなのはどこか調査しました。

 

プログラミングスクール「Tech Academy」の紹介

TechAcademyは、プログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクールです。

Webアプリケーションコース、WordPressコース、ブロックチェーンコースなどのプログラミング系、WEBデザインコース、動画編集コースなどのデザイン系、WEBディレクションコースなどのマネジメント系、合計20以上のコースがあるので、学びたいことが見つけやすいスクールといえるでしょう。

どのコースが自分に合っているか分からない場合は、HP上で質問に答えていくことでオススメのコース診断をしてくれるサービスもあり、受講生の中には、81歳でプログラミングを習得してオリジナルのiPhoneアプリを公開した方もいます。

また、IT業界への転職を希望する方には、エンジニア転職保証コースも用意されています。

料金の面では、秋の20%還元キャンペーンなどさまざまなキャンペーンの他、セットで受講すると割引になる2セット割、3セット割、ウケ放題といったプランもあるので、自分にあったコースをよりお得に受講できる可能性があります。

学習時には、第一線で活躍するメンターが、あなたの「わからない」「続かない」を解決、確実な成長を助けてくれるので、安心して学習を進めることができます。

 

Tech AcademyでおススメのASP

Tech AcademyでおすすめのAPSは、「もしもアフィリエイト」です。

「もしもアフィリエイト」の報酬額は、

有料コース新規申し込み完了:10,000円

無料体験の新規申し込み完了:1,000円

無料キャリアカウンセリングの新規申し込み完了:3,000円

エンジニア転職保証コースの申し込み:20,000円

無料体験から申し込みまで、それぞに報酬が設定されているので、報酬を受けやすい上、「もしもアフィリエイト」には「W報酬」もあります。

W報酬とは、広告主からもらえる通常報酬に加えて、「もしもアフィリエイト」からもボーナス報酬を提供する仕組みのことです。

通常報酬がある人全員に、「もしもアフィリエイト」から12%のボーナス報酬が提供されるので、かなりお得です。

 

 

アフィリエイトをするなら実際にTech Academyを使ってみましょう

プログラミングスクールのアフィリエイトをするなら、スクールを経験してみた方がより具体的な記事が書けて集客もしやすくなります。

プログラミングスクールの情報は、HPでもある程度確認できますから、アクセスを増やすには、スクールのHPでは分からないこと、例えば、カリキュラムの具体的な内容、わかりやすさ、講師のスキル、メンターのサポート内容など、実際に体験した人にしか分からない内容を記事にするとよいでしょう。

入会には費用がかかりますが、Tech Academyはプログラミングの無料体験ができますから、まずは、その体験を検討してみてはいかがでしょう。

 

>> Tech Academyを使ってみる